女性の場合

女性の場合はどのような服装が好まれるのでしょうか。男性以上に服装に気を配る必要があります。男性の場合は、ホテルで行うようなパーティーならスーツを着ていけば間違いないですが、女性のオシャレは男性よりも選択肢が多いので悩みどころが多いでしょう。

女性が実際にどのような服装を選んでいるかというと、「淑女系」や「キュート系」が多いです。上品な淑女系は、婚活における定番ともいわれています。無難ですし、結婚を意識するとハデな服装より落ち着いた服装だからです。実際の男性受けは「淑女系」と「キュート系」のどちらなのでしょうか。女性も婚活するなら清潔さが求められるので「淑女系」の受けも良いですが、女性らしいかわいさが魅力の「キュート系」の人気も高いです。男性はハデ過ぎなければかわいい服装が嫌いという人は少ないです。

自分がどちらの服装が似合うのかも大事ですが、ピンクやリボンなどの女性らしいキュートなテイストをうまく取り入れると男性の印象が変わるでしょう。女性は服装だけでなく、メイクや髪型、ネイルなどへの気配りも大切です。服装のテイストに合わせたものにしましょう。気合が入ってメイクがハデになってしまう人もいますが、濃いメイクは避けていつものメイクにワンポイと手を加えるくらいがちょうど良いです。

男性の場合

婚活パーティーに参加するときの服装が分からないという男性は多いです。まず頭に浮かぶのは「スーツ」という人も多いです。スーツでの参加も悪くありません。ただし場合によっては少し固い印象を与えることもあります。参加する婚活パーティーの種類にもよります。ラフな形式のパーティーや、バスツアーなどできっちりとネクタイまで絞めたスタイルは少し浮きますよね。

しかし、スポーツなど趣味を一緒に行うような婚活パーティーでもラフすぎたりだらしなすぎたりする服装はNGです。どんな時でも共通して女性からの印象が悪い服装は「チャラチャラとした格好」「不潔な格好」「ルーズな服装」「ナルシストな印象の服装」などがあります。また「アクセサリーをムダに重ね付けしている」「ドクロのアクセサリー」も評判が悪いです。アクセサリーは男性がオシャレで普段しているものあるでしょうが、婚活パーティーでは抑えたほうが無難です。

反対に女性の印象が良い服装は「清潔感がある服装」です。そこまでオシャレにこだわったものでなくて平凡なものでも良いです。女性は結婚後のことを見据えて来ているので、ハデで個性的なファッションより落ち着いた服装のほうが好まれます。少しカジュアルな場なら、ジャケットスタイルも好まれます。ラフすぎず堅すぎず、それでいてきちんとした印象なのが良いようです。もちろん自分に似合う服装が一番ですが、白シャツなど清潔で爽やかな印象のものが好まれる傾向もあります。

婚活パーティーとは

結婚相手の探すために婚活パーティーを利用することがあります。普段の生活の中で出会いがなく結婚相手が見つからないけれど結婚はしたい、そういった人が利用するのが婚活パーティーです。昔だったらお見合いが一般的だったのでしょうが、最近ではお見合いに堅苦しい印象があったり親戚などからの紹介が面倒だったりして敬遠する人もいます。また合コンとなると、気軽ですが結婚まで真剣に考えていない人も多いので結婚相手を探すのには不向きです。そこで注目したいのが婚活パーティーです。

関連サイト[イベント開催数1万回以上の婚活パーティーサイト – FIORE PARTY]

婚活パーティーにくる人は当然結婚相手を探す人たちですし、お見合いほど堅いものでもありません。婚活パーティーは種類もたくさんあり、一対一で話せるお見合い形式から、大人数でのパーティー形式、同じ趣味の人を集めて行うパーティーや、バスツアー形式のものなど、自分に合ったものを選ぶことができるのも魅力です。

婚活パーティーに参加するとなると、重要なのは身だしなみを整えることです。見た目がすべてではありませんが、やはり初対面の相手の第一印象は身だしなみに大きく左右されます。場違いな格好で参加すると悪目立ちしますし、せっかくの出会いを掴み損ねてしまうかもしれません。そこで当サイトでは婚活パーティーに参加するときの服装はどうしたらいいのか、まとめてみました。男女それぞれ分けてご紹介しています。婚活パーティーを成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。